審査基準

0

毎月決まった定収があることが第一条件

トップページの本文にも記していますが、貸金業者からキャッシングをするためには必ず審査があります。その審査を通過しないことには一円たりともキャッシングをすることは出来ません。審査の内容については、各業者毎に違ってきますが主な項目については共通項目となっています。

その審査項目の中でも重要なのは、支払い能力にかかわる項目で、現在の収入などがそれに該当します。支払い能力がなければ契約で取り決めされた毎月の支払いを受けることが出来ずに金融業者は損害を被ってしまうこになりますから、一番重要視するのは当然のことでしょう。

したがって最低条件として「定職に就いていること」ことが重要となります。正社員であれば問題ありませんが、アルバイトやパートであっても、とりあえずは定職に就いて毎月決まった収入があることが大前提となるわけです。ただ、臨時工や期間工などの職種の場合、毎月決まった定収が得られない可能性もあることから、信用も低くなってしまうことから、審査基準の高いローン会社だと審査で落とされる可能性もあります。

つまり安定した職業ほど信用が高くなるということで、公務員などは最高水準の信用と考えて間違いありません。

勤務先への在籍確認

現在、大手カードローンなどはweb申し込みのみで、自宅への確認の電話や勤務先への在籍確認は省略されていますが、他の大部分の中小消費者金融では、申込書に記載された勤務先へ実際に勤務実態があるのか否かの在籍確認を実行します。本人が在籍しているか否かな簡単な確認の電話ですが、もしも虚偽の勤務先を記載していれば、その場で審査終了となってしまいます。

また、勤続年数も大きな審査項目となり、長ければ長いほど審査で有利になります。この勤続年数については、在籍確認で問い合わせることはまずありませんので、本人の自己申告になることが多く、あまりにも極端な虚偽はダメですが少々多めに記載しても問題はないでしょう。

大手と中小の違い

大手銀行系のローン会社といえば、アコム、プロミス、アイフル、レイク、モビットなどが有名ですが、こういった大手と中小以下の消費者金融とでは審査の基準が大きく異なってきます。簡単にいうと、大手は審査が厳しくて逆に中小は審査が甘いということです。

その理由は、大手は中小に真似のできない低金利での融資をしていますので、融資金の焦げ付きは大打撃をこうむってしまいます。そうならないよう、融資の対象は信用の高い人に限定していると考えてよいでしょう。

中小以下の消費者金融は、基本的に大手で融資を引き出せなかった客が流れてくるのが実態ですから、必然的に申し込み客の多くは信用の低い人ということになります。したがって、融資の焦げ付きを想定して金利は少し高めに設定しているのです。もちろん、支払い不能に陥るのはごく一部の顧客なのですが、融資金の焦げ付きはその会社の経営状況に大きく影響してきますので、予め対策を講じているというわけです。